会社でお花見!服装や準備のポイントなどをチェック

お花見イメージ

春になると、会社でも花見が行われることがありますが、友達同士の集まりと違い、服装や準備など、どのようにしたらいいのか分からないという人も多いはずです。ここでは、会社の花見での服装や、準備、おすすめの食べ物などを紹介します。

会社の花見にぴったりな女性の服装とは?

会社の花見では、どのような服装にするか迷ってしまいますが、基本的に社会人としてハメを外しすぎないものなら問題ありません。「会社で行われるものだから」と気にしすぎる必要はなく、春らしいおしゃれを楽しんでもいいでしょう。

女性は、淡い色を着ることもありますが、花見では土埃や泥などで汚れてしまうこともありますので、注意して選びます。真っ白なボトムなど汚れが目立つものは控えるべきでしょう。人から見ても、服が汚れているとあまり良い印象ではありません。
また、花見の席は基本的に椅子ではなく直にマットなどに座ることが多いはずです。スカートは座りにくく、シワにもなりやすいのでできれば女性もパンツスタイルが望ましいです。

靴については、ヒールのある靴を避けるようにしましょう。ヒールのある靴は土の上では歩きにくく適しません。履いたり脱いだりが簡単にできるスニーカーや、ヒールの低いパンプスなどが便利です。

花見の季節は暖かくなり始めていますが、肌寒い時も多くあります。外に長時間いると、寒さを感じることもありますので、防寒対策も忘れずにしておきましょう。すぐに羽織れてコンパクトにしまえるカーディガンや、ストールなどを1枚持っておくと便利です。おしゃれと便利さ、動きやすさを両立できるようなコーディネートが花見にはぴったりです。

場所取り&準備の必須アイテム

花見で場所取りを任せられることもあるかもしれません。場所取りは花見の重要な仕事のひとつです。ただ桜が見えるだけではなく「良い角度で見られる場所」「迷った時に目印となる場所が近くにある」「トイレが近すぎず、遠すぎない場所にある」「充分なスペースがある」ところを押さえるのがポイントとなります。事前に下見をして、確保したい場所を決めておくとスムーズに場所取りができます。

場所取りに必要なアイテムとして一番大切なものはシートです。人数に合わせた大きさを準備しておきます。ほかにも、大きめの紙とマジックペン、ガムテープ、雑誌や音楽プレーヤーなどの暇つぶしグッズ、ホッカイロ、ストール、ダウンなどの寒さ対策グッズ、待機中の食べ物・飲み物などがあると良いでしょう。ゴミ箱、ゴミ袋も忘れずに用意します。

会社で花見をする時のおすすめの食べ物

会社の花見では、食べ物の準備も必要です。お酒を飲む人も多いので、おつまみ系はもちろん、食事としてご飯系を好む人もいます。花見で食べたいものは何かというアンケートでは、おにぎりやお寿司、お花見弁当、からあげやポテトなどのおつまみ、焼きそばやたこやきなど屋台メニュー、おはぎやお団子など和スイーツなどが人気でした。ご飯やおつまみ、お菓子などを一通り揃えておけば問題ないでしょう。

最近では、花見の場所にデリバリーを頼むという人も多くなっていますが、花見の時期は混雑していて時間がかかり、予定通りに届かないことも考えられます。できれば、事前にお店で予約しておくかスーパーやコンビニで買って行くほうがいいでしょう。

また、カセットコンロを用意して鍋をするのもおすすめです。意外に寒い花見の時期には、温かい鍋料理が喜ばれます。ただし、お花見の会場によってはカセットコンロの使用が禁止されていることもあるので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

会社の花見は、友達同士で行うものとは少し違います。あくまでビジネスの場なので、最低限のマナーは守るように気をつけましょう。堅苦しく考える必要はありませんが、皆が楽しく過ごせるようにしたいものです。

スポンサーリンク