他のパーティーとはちょっと違う立食パーティーのマナー


お祝いの席やその他パーティーなどでは、多くの人が交流を図るために立食スタイルで開催されることがあります。

テーブルなどについて食事をする場とは、また異なるマナーやルールがあるので注意しましょう。

立食パーティーに呼ばれた時に戸惑わないよう、ここで紹介するマナーや注意点などをしっかりと頭に入れておいてください。

バッグやコート類などは預けて身軽に

テーブルなどに座る時には、椅子の下に荷物を置くなどできることもありますが、立食パーティーではそれができません。

大きな荷物やコートなどは邪魔になるので、会場に入ったらフロントなどに預けておきましょう。

バッグも大きめのものは預けておきますが、財布や携帯電話、ハンカチや名刺など全てを預けるわけにはいきません。

それらが入るような小さなバッグは用意し、必要な荷物は会場で移し替え、必要のないものだけ預けるようにしましょう。

男性の場合にはあまりバッグなどは持ちません。
ポケットに全てがしまえるようにしておいてください。

食べることよりも会話を意識

立食パーティーといっても、重要なのはその場にいる人たちとの会話です。
決して食事をしに行くわけではありません。

それを意識して過ごしましょう。

会話の雰囲気や内容も重要です。
否定的な会話は避け、話す言葉も否定語はできるだけ使用しないこと。

積極的に話しかけるのは構いませんが、会話に割って入ったり、自己紹介もなしに話し始めるのはNGです。

お酒も入るかもしれませんが、それでもハメを外さないこと。
誰かの悪口、会社の悪口、ビジネス上の秘密などを口にしないように気をつけましょう。

食べるよりも会話が優先ですから、誰かと話す際には食べる手を止め、会話に集中してください。

マナーを知れば怖くない立食パーティー

立食パーティーもマナーやルールを知っていれば、あまり臆病になる必要はありません。上で説明したようなことを意識し、振る舞いましょう。

もう少し知っておいて欲しいマナーがあります。
それは、お皿やグラスの持ち方です。

お皿やグラスは、基本的には片手に持つこと。
これは、他の人と握手などをするためです。

目上の方と握手するとき、あるいは名刺交換をするときには、近くのテーブルにお皿やグラスを置いてから行うようにしましょう。

服装にも注意点あり。
男性はスーツを着ると思いますが、ダーク系の色であれば問題はありません。

ネクタイやシャツは派手めのものは避けてください。

女性は、パーティーにふさわしい格好をすること。
普段着はもちろんNG。

歩き回ることも考慮しヒールは低めのもので、バッグは小さめ、且つ、持ち手部分に腕を通せた方がいいでしょう。

料理をお皿にのせる時にもマナーあり

立食パーティーにもいろいろなタイプがありますが、自分で料理を盛ることができるのであれば、その盛り方にも注意点が出てきます。

いきなりメインやデザートを食べるのではなく、前菜からスタートさせましょう。

また、料理は上から取っていくのがマナー。

下や中の方が空気に当たっていないから美味しいだろうと思うかもしれませんが、必ず上から順番にお皿に盛っていってください。

同じお皿にのせない方がいい料理が幾つかあります。
例えば、温度が異なる料理。

一方は冷たくて一方は温かいなら、同時に同じお皿には盛らないこと。
ソースがかかった料理とドレッシングのかかった料理も、同時に取らないようにしましょう。

大人であれば言わなくてもわかると思いますが、自分のお皿にのっている料理は、必ず全て食べてください。

立食パーティーは食べることが主な目的ではないため、お皿にのせる量も控えめにし、誰が見ても恥ずかしくない食べ方を心がける必要があります。

スポンサーリンク