取引先との会食時のマナーを知っていますか?

人との付き合いを無視することができない社会人。
企業へ就職すれば、取引先をはじめ、あらゆる関係者と食事をする機会が出てくるはずです。

会食時のマナーなどは、回数を重ねるごとに徐々に身についていくものではありますが、何も知らないと恥をかくだけではなく、自分の勤める会社にも迷惑をかけることになるでしょう。

大きなトラブルに発展してしまう前に、どのようなことに意識をして取引先の人たちと会食するべきなのかを考えておいてください。

これから挙げるポイントなどが、その一助となれば幸いです。

会食場所のドレスコードをチェック

ドレスコードを設けている飲食店で会食を行うこともあるでしょう。
当然、そのお店のルールに従った格好で出向く必要があります。

事前に調べられるようであればチェックしておきましょう。

問題は、急遽セッティングされた会食の場合です。スーツで仕事をしている人は問題ないと思いますが、私服などで日々の業務を行っている人は、先方の指定した飲食店のドレスコードにそぐわない格好であることも考えられます。スーツやジャケットなどが用意できるようであれば、それを着用し飲食店に向かってください。もし急なお誘いで用意できないようであれば、その会食はお断りすることも検討しましょう。ドレスコードに見合わない格好で行けば、先方にも恥をかかせることになりかねません。それだけは避けるべきです。重要な会食であり、断るという選択肢がない場合は、飲食店に向かう途中でジャケットなどを購入し、最低限のドレスコードに引っかからないような格好をして向かいましょう。

スーツ専門店に行かなくても、今はジャケット程度であれば容易に手に入れることができます。
あるいは、誰かに借りるなどして用意してください。

急な誘いがあった場合、それを断ったとしても失礼にあたることはありません。

それよりも、指定された飲食店の雰囲気とはマッチしない服装で出向くことの方が失礼であると思っておくべきでしょう。

待つ場所はウェイティングルームか下座

指定されたお店に、指定された時刻よりも前に着いてしまうことがあるかもしれません。できれば近くで時間を潰し、指定された時刻の少し前に着くよう調整しましょう。先方が遅れている場合は、基本的にはお店の外で待つこと。

「先に着いたら入っていてください」などと言われていた時は店内に入っても構いませんが、ウェイティングルームがあるのであれば、そこで待ちましょう。もし、そうした場所がない場合は店員の案内に従い席につきますが、下座に座ることを忘れずに。間違っても上座で相手を待つことがないようにしましょう。

会食を自らがセッティングした場合には、必ず相手よりも先にお店に到着すること。仮に遅れるようであれば、「上座にご案内するように」とお店に伝えておくといいでしょう。

会食中のトイレに行くタイミング

トイレのタイミングというのは、失敗すると大変失礼な行為となります。十分注意してください。

まず、大事な話をしている時にはトイレに立たないこと、これだけは守りましょう。
我慢できなくならないよう、事前にトイレを済ませておかなければいけません。

相手が来る前に済ませておくのがベストですが、相手がすでにいるのであれば、最初の挨拶をした直後に席を外すようにしてください。

商談などが始まってしまったのであれば、それが一段落するまでは我慢するしかありません。

スポンサーリンク