土日休みといわれたが、週休1日サービス残業だらけ

現在25歳の女性です。
新卒で入社した会社では事務をしていましたが、3年目に入る少し前に転職をしました。

週1日だけの休みはしんどい!

転職前の会社は業務内容はやりがいのあるものでしたが、休みが週に1回の会社でした。
労働条件では土日休みと言われていたのですが、いざ入社したら土曜日は出勤で、振替休日は取得できませんでした。

入社してみて一番のギャップは、サービス残業は当たり前だと思っているところでした。
自分の仕事は終わっていて手伝えることが何もなくても、周りの人たちが残っていたら帰らずに残っているようにと先輩に言われました。

それを入社初日に言われたので、驚きが隠せなかったです。
私自身は、なるべく仕事を早く済ませて定時で帰りたかったのですが、上司が帰らないと帰れる雰囲気じゃなかったので、仕事が終わった後のサービス残業の何もしない時間が苦痛でした。

「この時間を好きなことに使えたら・・・」と密かに思うようになりました。
転職しようとは思っていても、なかなか行動することが出来ませんでした。
会社に2年以上働いて、「自分のやりたいことをやりたい!」と思うようになりました。
転職をしようと決断したきっかけは、自分の時間作りです。

やっぱり自分の時間は大切です

転職先は、大手企業の事務です。
人数が多い分各々の業務負担も少なく、上司も「自分の仕事が終わったら帰っていい」と言ってくれたので、毎日定時で帰ることができました。

一番大きかったのは、土日が完全に休みになったこと。
今までは、日曜日だけにしか予定を入れることができず、疲れた時は予定を入れないで休んでいましたが、土曜日も休みになったことにより、予定を入れることもできれば、休むことも出来るようになりました。

会社帰りは寄り道することが出来たり、飲み会も途中参加ではなく開始時間から行けるようになりました。
自分の時間を多く持てるようになったので、労働条件の面ではホワイト企業だと思います。

転職活動は、時には上手くいかない場合もありますが、もしも今の環境に対して不満があったら活動してみるといいと思います。
転職活動をして内定を頂いても、「やっぱり今の環境の方がマシ」という場合は残ればいいともいますし、「今の環境を変えたい!」というのであれば、内定を承諾して入社すればいいと思います。

転職活動したから今の会社を辞めなくてはいけないというわけではありません。
あくまでも、「他の会社がどういう環境なのか」を知るきっかけの活動だと思いながら、気軽に活動してみるといいと思います。

仕事が忙しいと思うように転職活動のスケジュールを組めなかったり、疲れて仕事から離れたい場合は、一度退職してから転職活動をするのも一つの手段だと思います。

一度退職してからの転職は経済的にも不安が残りますが、一番大切なのは「自分が今の環境に満足しているかどうか」です。
疲れてしまっている状態では、決断力が鈍りますし面接にも影響が出ます。

退職したら、面接時に「退職後は何をしていたのですが?」と聞かれたりする不安もあるかもしれませんが、転職で一番大切なのは、今までやってきたことよりも「これから何をしたいのか」だと思います。

転職活動の失敗の原因は焦ること

転職活動を続けるにつれて、「転職先を見つけなきゃ!」という焦りの気持ちが出てきてしまうかもしれませんが、
焦らず、「なぜ自分が転職活動をしようと持ったのか」と時々一番最初のスタートラインを振り返ってみてください。

転職先がブラック企業かホワイト企業か、労働条件だけでは判断できません。
実際に入社してみないと分からない部分もあります。

いいと思っていたら思ってたよりも良くなかったり、ちょっと不安な気持ちで入社したら自分にあった会社だったりする可能性もあります。
転職活動は行動したからこそ分かる部分が多いので、今の環境を変えたかったり不満があるのでしたら、行動してみてください。

スポンサーリンク