結婚式で乾杯の挨拶をする上司必見!例文集

スピーチイメージ

結婚式で挨拶を頼まれると、とても緊張しますよね。失敗できない場面ですし、どうやって話して良いかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

今回は結婚式で乾杯の挨拶をする方へ挨拶の仕方についてご紹介します。

構成をしっかり頭に入れてシュミレーションしよう

披露宴には司会者がいますので、乾杯の挨拶をするあなたのことを、司会者の方が紹介してくれます。
司会者から呼びかけられたら、マイクの位置まで出向き、スピーチを始めます。

(1)自己紹介
乾杯の挨拶は自己紹介から始まります。
自己紹介では自分の名前と、新郎新婦と自分との関係性を会場の人たちに伝えます。

(2)年長者の方や他のゲストへの配慮の言葉を添える
披露宴には新郎・新婦の親族など年長者の方がいらっしゃるはずです。
「形式的なスピーチマナーではございますが」と、一言付け足しておきましょう。

(3)祝辞を述べる
祝辞はお祝いの言葉です。
新郎新婦はもちろん、両家のご家族にも祝福の言葉を伝える内容にしましょう。
ご家族への祝福の言葉の後に、結婚式に招待していただいた感謝の言葉を付け足すと一段とスマートなスピーチになるでしょう。

(4)新郎新婦と自分とのエピソードを披露する
新郎新婦との具体的なエピソードを盛り込みましょう。エピソードは新郎新婦の美点を褒め称えるような内容にすることで披露宴が和やかな雰囲気になります。

(5)はなむけの言葉を贈る
はなむけの言葉とは、新たな門出に際して激励や祝福の気持ちを込めて、言葉や詩歌などを贈ることです。新郎新婦への希望や応援、激励といった内容を、オリジナリティある心温まる優しい言葉にしてまとめます。
最近では「早く赤ちゃんを作って・・・」といった内容はハラスメントにとられてしまうことがあるので配慮が必要です。

(6)乾杯の発声を呼びかける
乾杯の発声の前に「皆様、ご唱和をお願いします」というのが、乾杯の合図になります。
会場にいるゲストの準備が整ったところで、勢いよく「乾杯!」と言ってからグラスを高らかに掲げましょう。

挨拶はスマートかつ手短に、乾杯は笑顔で明るく!

乾杯の挨拶の時間は1分程度がベストです。お祝いですから笑顔で話すことを心がけましょう。

最大のポイントは長くしないこと。

乾杯の挨拶を聞きながら新郎新婦をはじめゲスト全員がグラスを片手に起立して待っているということをお忘れなく。

挨拶の内容は手短にすっきりまとめましょう。どんなに長くても3分は超えないように。また1分間の挨拶の原稿は約300文字になります。

新郎(新婦)の上司の乾杯挨拶・例文集

・新郎新婦を応援する流れの乾杯挨拶
○○君○○さん、本日は誠におめでとうございます。
ならびにご両家のご親族の皆様には心よりお祝いを申し上げます。
私は新郎○○君の上司で○○と申します。
○○君が入社してはや5年になります。営業を担当し日々元気に頑張っている姿は頼もしい限りです。○○君いつもありがとう。
そしてこの度、○○さんという素晴らしい女性と巡り合いご結婚されることを、私も心から嬉しく幸せに思っております。これから二人で力を合わせてあたたかな家庭を築かれることを応援いたします。
それでは皆様ご唱和ください。お二人の末長いお幸せとご両家ならびにご臨席の皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして、乾杯!
・新郎の様子にフォーカスした乾杯挨拶
ただ今ご紹介にあずかりました、○○○○でございます。
本日は、○○君、○○さん、ならびにご両家のご親族の皆様には心よりお祝いを申し上げます。
私は、新郎の○○君と同じ職場ですが、普段私が目にしています○○君は、職場ということもあって、話し方から表情から真剣そのものですが、今日の彼の表情は、何と和やかなことかとほほえましく思っております。
これからもその優しい表情で、○○さんとともに明るい家庭を築いてください。それでは乾杯の音頭をとらせていただきます。
どうぞ皆様、ご唱和のほど、よろしくお願いいたします。
お二人の末長いお幸せと、ご両家ならびに、ご臨席の皆様のご健勝とご多幸を祈念いたしまして、カンパーイ!!(乾杯)
ありがとうございました。
・会場のゲストを巻き込んでの乾杯挨拶
皆さん、今日の天気は何でしたか?
(会場から)雨!
そう、今日は雨です。私はこの日が雨になるのを知っていました。というのも太郎君が雨男だからです。
見た目はイケイケな感じがしますが、雨男の太郎君は、雨男なだけにすぐに地固まることでしょう。
外は雨ですが、皆さんの乾杯の一声で雨雲を跳ねのけて二人を晴れ晴れしい心でお祝いしてあげましょう。
それでは、グラスをお手に持っていますか。
太郎さん、花子さんの前途を祈り、乾杯!
これで、太郎君は晴れ男になることでしょう。ありがとうございました。

まとめ

・乾杯のスピーチは構成をしっかり踏まえてシミュレーションをする
・乾杯の挨拶の時間は約1分程度がベスト
・笑顔で明るく乾杯をする
乾杯のスピーチはとても緊張するものですし悩んでしまいますが、構成をしっかり踏まえ、あまり長くせず笑顔で話すことなどに気をつけて、スピーチを成功させましょう。

すてきな結婚式にするために「重要な役割を任せられている」ということを自覚して、本番勝負が苦手な場合は、リハーサルをしておきましょう。

スポンサーリンク