転職エージェントを利用して年収200万円アップ!

私は現在30歳の男性です。
転職してから早いもので1年3ヶ月が経ちました。

以前は中小アパレル企業で店頭販売をしており、平日土日問わず、また年末年始やお盆など一般的な方がお休みの日も当然のように働いていました。

アパレル業は好きじゃないとできない仕事

給与は決して高くありませんでしたが、自分が好きな仕事をして生活が出来ていることにほどほどの満足をしていましたし、大学卒業からずっと販売職として働いていましたので、それが当たり前だと思っていました。

しかしまわりの友人の生活観を聞いたり、自分の年齢が上がっていくにつれて、生活・将来に不安を覚えるようになりました。
特にお付き合いしている方との結婚などを考えたときに、今のままの給与でやっていけるのかと思ったのが決定的な理由になりました。

やはり30代手前の転職活動は厳しい!

そして転職をしようと決めたのが28歳の時でした。
ただ販売職しか経験のないアラサーの男が応募出来る会社も決して多くはなく、まずは今後歩んでいく業界・職種を考えました。

販売職としての経験を活かせ、かつ給与アップが望めるという2点が私の中で決めていたポイントでした。
その2点を軸にしていろいろな転職サイトを見ていて、たどり着いたのが人材会社での営業職でした。

これまで1日何十人と接してきた経験を活かせる人と接する仕事であり、若い時期からある程度高い給与が望めること、そして今後のキャリアの中で活かせる営業力を身に着けられるのではないかと考えたことも決め手になりました。

人の人生に影響を与えることも出来るというのもやりがいがあると思いました。

そこですぐ仕事を辞め、転職サイト、転職エージェントに登録し約半年の就活期間を経て現在の職に就きました。

その半年の間に約10社程は選考を受けたと思います。
慣れない面接で最初は筋違いの受け答えをしてしまったこともあり、厳しいフィードバックを受けたこともありました。

それでもなんとか現在の会社に就職できました。
面接の中で年収の話もありました。

どのくらい欲しいかといった直接的な質問もありました。

ですが私の場合は業界経験どころか営業経験すらありませんでしたので、まずは職に就き経験を積めることを重視してそこはいくらであろうとやるといった回答をしました。

正直給与なんてものはいくらあっても高い方がいいに決まっています。
ただその時にいくら欲しいと言える説得力のある回答がないのであれば、高い数字を言うのはそんなに意味はないと思います。

転職エージェントに頼るのは正解!年収アップ!

私はそういった考えで希望給与額を伝えませんでしたが、それでも以前の職と比較して200万円程度はアップしました。

日本人の平均給与は無事上回ることができていますが、それで高給であるとは全く思いません。

私が給与が前職より上がったのはただ単に職種が変わったことと、給与体系がしっかりしている企業についたからで、私の実力というわけではないと思います。

ですので私にとって重要なのは今の会社で経験を積み、次の転職時に給与アップができるかどうかだということです。
先ほども申しましたが、私は給与は高ければ高いほどいいと思っています。

次もし営業で転職することがあるとすれば、前回のようなポテンシャル採用ではなく実力を見られての選考になると思います。

そこで実力(経験に裏付けられた具体的数値を述べられるもの)をもって、今後転職をする機会があったら今以上の給与を求めていくと思います。

もちろん現在転職活動をされている方はそういった状況の方が大半だと思います。

現在の職の経験を活かして転職するならば、現在過去の経験を数値、チャートで説明するなどして説得力のあるプレゼンを面接という場で行うことが大事だと思います。

その論理があれば交渉も出来ますし、有利だと思います。

スポンサーリンク