求人サイトに書いていたのはウソばかり!離職率がすごい

私は現在27歳の女性です。私は新卒で営業職として働いていました。
会社は派遣会社で主に建築関係の会社や工事現場などに、派遣社員を派遣させるために営業をかけるというのが主な仕事内容でした。

私の性格上営業職としてやっていけるか不安はあったのですが、営業で成長したいという気持ちもあり、また会社の人を大切にする環境にも惹かれてこの会社で働くことにしました。

転職サイトや面接の内容はとても良かった

この会社は新卒の学生がよく利用するような大手の就職サイトを利用して知りました。
その求人サイトの紹介文もとても共感するものがあり、人を第一に考えて利益よりも働きやすい環境作りを行っていること、また先輩の仲が良さそうな社員も数枚アップされておりここで働きたいと思うようになっていきました。

福利厚生などの部分では社会保障ももちろんのこと、土日は完全に休みだと書いてありましたし、これならプライベートとも両立できると思いました。

説明会も比較的温厚な雰囲気で行われ社長を始め上司となる社員もみんな志が高くそして優しい人たちばかりでした。
実際に面接になって上司や役員の人たちと話す場を設けられるとみんな私たち新卒の質問に真摯に答えてくれて、私のつたない話にもきちんと耳を傾けてくれました。

最終面接は社長との二者面談だったのですが社長の人が第一という考えにやはり魅了されてここで働くことにしました。

やっぱり求人内容は嘘ばっかりで騙された!

しかし実際に入社して仕事をすると毎日残業で、ひどい日には0時を回ることもありました。求人サイトに載っていた土日完全休日は全くの嘘で、派遣社員と建設会社の面接が土日になれば当然営業である私も向かわなければなりませんでしたし、その分の休日手当は全く出ないことを後になって知りました。

また、あれだけ求人広告や説明会などで仲が良さそうだった社員はみんな我が強く、悪口を言い合ったり、数字を追うためならばなんでもする体勢お互いライバル視というよりも敵対視していました。

求人広告と異なっているこれらのすべてがブラック企業だなと思ったきっかけでもありました。
また残業代はみなし残業で給料に含まれているため、残業をたくさんしても給料が上がることはなく当時新卒だったので少しの給料で毎日ハードな仕事をこなさなければなりませんでした。

上司によるパワハラもどきの毎日のお説教も私の精神をどんどん追い詰めていきました。

上司は私たちのためだ、とか自分たちもそうやって営業力を身につけてきたんだなどと言われたので耐えていましたがあまりにも暴言のような言い回しには私たちのためというよりも上司の憂さ晴らしのようにも思えました。それは私だけではなく他の新卒社員にも同じで、入社半年で辞めていく新卒が一気に増えていきました。

人をあれだけ大事にすることを掲げていた会社だけあり、実際の会社の雰囲気や私はとてもショックでしたし、求人広告と全く異なる会社の雰囲気にも呆れていました。

私は結局入社1年で会社を辞めて職種も事務職で転職活動を進めて、全く異なる業種で仕事をすることにしました。

転職には企業研究よりも情報収集が大切

今回は転職サイトで求人を見つけたのですが、今回はサイトだけに頼らず色々な口コミなどの情報を見て転職先を決めたのでサイトとのギャップもなく仕事ができています。

就活でも転職でも求人を探すときは、求人広告プラスで自分で気になっている会社の情報を入手して本当にその会社でいいのか、しっかりと判断をしましょう。

求人広告はやはり会社のネガティブな情報はあまり載せずにポジティブな部分やときには嘘の情報も載せていることが多いです。今回私も経験をしましたが、求人広告ばかりに目を向けずSNSやネット、実際に働いている社員の声も聞けるようであれば聞いて判断をするのが就職、転職を成功させる大きな鍵になります。

スポンサーリンク