夢だったインストラクターに!努力したら開業できた

福岡に住んで20年の男性です。
スポーツインストラクターの専門学校を卒業して初めて職に就いたのが、フィットネスクラブでの会員様(お客さん)に運動指導をするフィットネスインストラクターです。

しかし、きつい仕事の割には、給料があまりよくなく、せっかくスポーツインストラクターの専門学校で身体の勉強をしてきたので、治療家を目指すようにした。

本やインターネットで「治療家」をキーワードで探していると、たくさんの治療家の項目が出てきたのです。

数ある中から選んだのはカイロプラクティック師

「理学療法士」、「作業療法士」、「柔道整復師」、「鍼灸師」、「カイロプラクティック師(整体師)」など、自分は速く手に職を付けたかったので、民間療法の「カイロプラクティック師(整体師)」を選んだのです。

「理学療法士」、「作業療法士」、「柔道整復師」、「鍼灸師」は専門学校に3年通った後に国家資格の試験を受けるシステムになっていたのです。

「国家資格だったら取る価値があるなぁ。」と思ったが、自分はその時はもう25歳で結婚もしたいと考えていたので、「稼げるようになっていないといけない。」と考え、インターネットで調べた中に「カイロプラクティック教室」を見つけて「カイロプラクティック」というものを調べていくうちに、「いいなぁ。」と思い、「カイロプラクティック(整体師)師」の道へと進むことを決めたのです。

決めた理由の中に「カイロプラクティック(整体師)師」の勉強を教えてくださる方が「オリンピックトレーナー」という事だったのです。

10時から18時まではフィットネスクラブに勤務して19時からはスクール(学校)で「カイロプラクティック師(整体師)」の資格を取るため勉強した。

勉強の仕方は初め、テキストを見て読むだけの内容でそのテキストを読んだ後、実際にどのような施術をするのかという勉強の流れだったので分かりやすかったのです。

自分はスポーツの専門学校に行っていたので身体の解剖学や生理学などは、勉強していたので頭に入りやすかったが、他の生徒はサラリーマンだったり主婦だったりなので、自分が教えたりしたこともあったのです。

 

努力した結果自分の居場所を見つけることができた

それを見てくれていたおかげなのか、そのスクール(整体師)の講師でもあった先生が、「ウチの治療院で働くか。」と聞かれたので、自分は「はい。」と答えた。

次のステップに進むため、フィットネスクラブの仕事はやめないといけなくなったので、上司に「退職届」を出したのです。

時期はタイミングよく2月で年度変わりだったので「タイミングがいい。」と思い、思い切って言ってみたら、上司はまさか辞めるとは思っていなかったらしく、少し怒った表情で、「ちゃんと後輩に仕事を受け継ぐように。」と言われ、何とか転職できた。

転職後は整体師になって開業するまで、カイロプラクティック師匠の治療院で勉強のために住み込みで勉強させてもらい結局、カイロプラクティック(整体師)の世界は「厳しいなぁ。」と感じたのでアルバイト情報誌で、治療院から近い場所にあるフィットネスクラブにアルバイトとして就職し師匠の治療院とフィットネスクラブのアルバイトの仕事をすることになった。

時が過ぎて、フィットネスクラブで「パーソナルトレーナー」という個別指導が流行って、フィットネスクラブの上司に「自分はカイロプラクティック(整体)ができます。」と言って、フィットネスクラブの場所で開業ができたのです。

運が良かったのです。場所がフィットネスクラブなのでお客さんも顔見知りの方が多く場所代も歩合制だったので、光熱費などがそこまでかからないので、自分で開業するよりかは良い条件がそろっていたのです。

お客様もフィットネスクラブの会員様がほとんどだったので、疑われることなく施術ができた。

師匠もフィットネスクラブの会員になり自分の様子と自分の健康のためにフィットネスに通ってくれたのです。
「人思いでいい師匠だなぁ。」と思った。「よく考えたら、人思いではないと治療家にもなれないか。」とも思い返した。

結局、転職してきつかったけど、良い経験したので良かった。

スポンサーリンク