長時間労働でまともに帰れたのは入社して2週間だけ

現在、転職をしたいと悩んでいる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、転職って簡単にできるようで、できないものなんですよね。

職に就きながら転職活動をしている方は特に休みの日を選んで面接に行ったりなどしなければならないため、体力的にだけではなく精神的にもツラい思いをすることだってあります。
転職をしようかどうかと悩んでいる方のために、今回は少しでも力になれるように私の経験談を紹介させていただきます。

現在27歳。
当時22歳だった私は入社して1年ほど続けた会社を退社しようと決めました。
そのキッカケは、今まさに問題となっている「超過労働」

女であれども男性並みに体力に自信を持っていた私ですが、さすがにその時ばかりは本当に苦しかったです。

幸せな日々はもろくも崩れ去った

最初の頃は、定時になれば「帰っていいよ」と声をかけてくださる上司でした。
「好きなこともできて、定時に帰れる。なんて良い会社に入社したのだろう。」とまさに夢のような毎日だと考えていました。
しかし、そんな日々が送れるのは最初の2週間だけ。

2週間を過ぎた頃から、上司の態度は激変!。
ありえない量の仕事を押し付けてきた上に、「週にこなせなかった仕事は土日祝日を返上してやってください」というような圧力をかけてきました。

それからは、終電で帰るのが日課。家に帰っても4時~5時まで仕事をして、土日は友達との予定なんて一切入れられませんでした。

また、土日祝日の業務メッセージも普通の状況で、「どうしてこれがなっていないのか説明をしてください」というようなネガティブな内容のものばかり。

そんな生活をしていれば、体調を崩すのも当たり前。
しかし、体調を悪くして休んだ日でさえも上司から遠慮なく仕事のメッセージが届きます。

さらに驚くことに、その間の残業代は一度ももらったことはありません。
もちろんボーナスもありません。(求人には賞与アリと記載されていました。)

まさにブラック中のブラック!

当時の残業代を計算すると、1ヶ月100時間以上にはなります。
その間タイムカード制にすることも相談したのですが、「うちではそういう制度はない」の一言でした。

そんな日々が半年も続き、慣れてきた頃には、上司は自分の仕事を全て社員に押し付けるような行動をとっていました。
上司の仕事をプラスやっているのに「どうしてそれができないのか」と言われ、反論をしても口では「仕事量を調整する」と言いながら、なにも変わらないままです。

徐々に仕事の効率はつかめてきてはいましたが、入社して10ヶ月を超えてきたころ、私は鬱状態に・・・。

せっかく仕事の効率もつかめたのにと悔しい思い出いっぱいなのと、にく気持ちでいっぱいになりました。
そして精神状態をたもつために、毎日毎日暴言を吐くようになると、次第にそんな自分にも嫌気がさしてくるんですよね。

その後、家族や友人、恋人に溜め込んでいた悩みを発散。
状況を理解してくれそうな別会社の先輩や知り合いの方にも相談し、退職を決めました。

これまではその生活が普通だと思っていたので「続けなよ」「頑張りなさい」といった言葉が返ってくるのかと思いきや、周りから見たら「ありえない状況」「早くやめなさい」「過労死するよ」といったような言葉が返ってきたことも、退職を決めるキッカケになったのかもしれません。

しかし、退職をするには転職も同時にしなければなりません。
会社に行きながら、行き帰りや休憩時間に転職サイトを見たり、気になっている会社の採用枠を見て個別で連絡をすることもありました。

面接の際には、残業代やお給料面でのこともしっかりと相談をできるようになったのも、失敗があったからだと思います。

現在は、自分の好きなことを思いっきりできる職に就くこともでき、収入面でも満足した会社に入社させていただいています。

転職のことで悩んでいる方も多いと思いますが、周りの方になにかを相談した時に「会社がおかしい」と言われたことがあれば、それはおかしいんです。

たくさんの会社があります。
人間同様、合う合わないがあるのが当たり前です。

精神力、体力、ともにすごくツラい時期になるとは思いますが、自分を壊すよりも、自分が楽しく自分らしく過ごせる場所で働くのがいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク