変化を好まない上司や部下からの信頼が低下

私は38歳の男性で、介護福祉士をしています。
前職も同じ介護福祉士をしていました。
入社して4年目で仕事を辞めたいと思うようになり、転職しました。

何故辞めたいと思うようになり転職するようになったかを説明します。
私は介護副主任として役職に就いていました。

役職に就きはじめは仕事に対してかなり頑張って業務改善をしていました。
しかし業務改善をすればするほど、部下からの信用はなくなっていきました。

丁度その時に、会社側も一緒になり業務改善を推進してました。
会社をよくしたい人と、変化を嫌う職員とのミスマッチが起こり対立していくようになっていきました。
もちろん私は役職が就いていますから、変化したくない部下の職員からバッシングを受けるようになっていきました。

だんだん精神が病んできて、上司に役職を降ろしてもらうように頼みましたが無理でした。
私は部下に何故業務改善をしているのかを説明しても理解してもらえず、ついに部下はあまり仕事をしなくなっていき、私が部下の仕事をカバーしていき、身体もきつくなっていきました。

精神的にも肉体的にも壊れていき、私は睡眠不足と、食欲不振になってしまいました。

だんだん会社を休むようになってきて、私は限界が来る前に転職した方がいいと考えるようになりました。
前職の介護のケアは正直、古いやり方で利用者さんにも上から目線で、介護の質をよくしたいと思う方も少なくて転職して生き生きできる介護をしたいと思い、ハローワークを使い転職活動をしました。

転職してみてどうだったかといいますと、介護福祉士として私は生き生きと仕事ができていますよ。
何故なら、まずは職員の人間関係がかなりよくて、みんな利用者さんに対して、優しくてどうやって介護の質をあげればいいかを、毎日仕事しながら考えています。

もちろん、会社のトップをはじめみんな真剣に仕事に取り組み、部下の意見を真摯に聞いて、仕事の質を上げています。
私は今は普通の一般職ですが、今の会社の役職に就きたいと思い、介護支援専門員の資格を取得しました。

転職してよかったと思っています。
ただし、一つだけ不満なのは給料がかなり下がってしまったことです。

給料が下がったために生活の質を下げるようにしています。
でもトータル的にみて、転職してよかったと心から思っています。

今の会社に転職して5年間経ちましたが毎日楽しく仕事をさせてもらっています。
これから転職されるかたにアドバイスさせてもらいますと、今の会社で思うように仕事ができていないなら、まずは転職活動をする前に上司に相談してくださいね。

誰かに相談することによって一人で考えていることで解決できないことがすぐに解決する場合がありますよ。

何故なら転職しないで、毎日愚痴をいいながら仕事をしていても仕事の効率が上がらなくて人生も楽しくないからです。

転職活動はもちろん、仕事を継続しながらやってくださいね。
失業してから転職活動をしてしまいますと、心に余裕がなくて、やりたい仕事に就けない恐れがあるからです。

転職活動のやり方は、ハローワークや転職サイトや転職アプリや求人誌、転職エージェントという方法がありますよ。

仕事をしながら転職活動は大変ですが、転職して自分が楽しく働いている姿をしっかりと考えてやると転職活動も楽しくなりますよ。
転職しても転職しなくても、毎日仕事をするのですから後悔しないようにしてくださいね。

健闘を祈ります。

スポンサーリンク