飲食店ならではの長時間労働の嵐と超薄給

私の年齢は23歳で男性です。
私がこれから話すのは私が当時勤めていた会社でのブラックすぎる出来事について話します。

当時私は18歳で高校を卒業後にすぐに就職しました。
私は小さい頃からコックになるのが夢で、すぐにでも働いて自分の腕を上げて一流のコックになろうと目指していました。

夢を叶えるために必死になっていた

私が就職した会社はかなり大きな会社で和洋中と全ての料理での部門がありました。
私はやっぱりやるからには洋食の部門を選び毎日必死に働いていました。

私がこんな素晴らしい会社から、なぜ転職をしようかと考えたのはあることがきっかけでした。

その会社は最初の研修期間だけしっかりと8時間労働で、最初はしっかりと休憩も取れていました。

しかし研修期間が終わると、しっかりとした休憩はなく、また自分の出勤時間よりも2、3時間早く出勤して働き、8時間仕事をしてもタイムカードだけきってさらに8時間近く働いたこともありました。

しかし最初は私の将来のためだとか、先輩よりも早く出勤して先輩に仕事を教えてもらうには、いかに自分の仕事を早く終えたり段取りが大事かなどを思って働いていました。

そして、ある日出勤時間よりも2、3時間早めに仕事をしていると、自分の出勤時間が過ぎてしまい、タイムカードを押し忘れて結局給料にひびいたりなどありました。

 

慣れたころには長時間労働、休憩なしが当たり前に

そして私が社会人2年目、コック2年目の時には毎日14時間労働や休憩を取る暇がないのが当たり前になってきました。

私の友達からは、「毎回そんだけ働いて給料少ないね」と言われた時もあれば、「それは給料と働いている時間の割があっていない」など、色々言われたこともあります。

しかし、私は我慢しながら必死に働いていました。
そして私が転職を本気で考え始めたのが社会人3年目の冬でした。

私には高校から付き合っていた彼女がいて、その彼女と籍をいれ私に子供ができました。
それと同時に私には金銭的な不安がかなり強くなりました。

私はかなり悩みました。
私の夢は一流のコックになることだったのですが、やっぱり今の会社でサービス残業やら休みの日まで出勤して金にならない仕事をしてもただ会社が喜ぶだけ。

でも、今は我慢の時だとかなり葛藤した結果、私は自分の将来の夢を諦め家庭や産まれてくる子供を選びました。

 

夢よりも大切なもの、それは家族でした

そして私はこのブラックすぎる会社、そしてコックの道とさよならしました。

転職後は前の会社とは違いしっかりと8時間労働で休憩もしっかりといただいて、前の会社より断然いい給料をいただいています。

転職先がブラックではなくホワイトで本当に心から良かったと思います。
なぜ前の会社があんなにもブラックだったのかは転職して離れてみて気付きました。

今あの会社にいる人たちが作っている空気や社風が、あのようなブラック企業を生んでしまったんだなと私は思います。
なぜあんなにも立派な会社がそんなことになってしまったのかは、やっぱり先輩が頑張っているのに私が頑張らないでどうするという空気だとおもいます。

決して悪いことではないんですが、結果としてブラック企業にしてしまったんだと思います。
これから転職を考えている方に私からアドバイスがあります。

今いる会社がブラックだと少しでも感じたら周りに相談する、もしくは相談する相手がいない場合は我慢などは決してしないでください。
早く次の仕事をみつけてください。

時間と労力を使い、精神が病み、しまいにはストレスに変わってくるだけです。
私も経験したからこそ今このアドバイスを伝えられます。

転職したからといって逃げた訳ではありません。
弱い自分にかってまたあなたの新しい未来があなた自身の手で開こうとしているので、消して自分を捨てないで下さい。
私も新しい場所で毎日頑張っています。

あなたも新しい未来をつかんでください。

スポンサーリンク