清潔感があるだけで「仕事がデキる人」になれる

知識や技術を持っていたり行動力や発想力のあるような、実際に仕事がデキる人であっても、不潔な印象を相手に与えてしまうと、「仕事がデキない人」になることもあるんです。

逆に、清潔感を持っている人は「仕事がデキる人」という印象を持ってもらいやすくなるでしょう。

第一印象が重要なビジネスシーンで、それをアップさせるためのケアについて、ぜひ一度考えてみてください。

清潔感が最も表れるのは「お肌」

最も清潔感の有無が相手に伝わるのが、お肌です。
スキンケアを怠ると、それだけで不潔だと思われてしまいます。

脂性の人はあぶらとり紙などでスッキリ感を演出しましょう。
冬は唇のケアを入念に。リップクリームなどで潤いを与えておいてください。

洗顔をしっかりとし、化粧水や乳液、美容液などを使用しながら、ニキビ・吹き出物など肌荒れとは縁のないお肌を作り上げておきましょう。

これは女性だけの話ではありません。
男性もお肌がきれいだと清潔感を与え、ビジネス上でも有利に働くのです。

ムダ毛の処理も重要なビジネスマナー

ムダ毛の処理も女性だけのものだと思っていませんか?
男性も体毛に関してはしっかりとチェックし、相手に不潔な印象を与えないように心がけましょう。

特に不潔な印象を与えてしまうのが、鼻毛です。

注意深くチェックしないとついつい飛び出してしまう鼻毛。
たった1本の鼻毛でも、相手に与える印象は悪いものとなってしまいます。

眉毛やヒゲなども重要ですが、鼻毛のチェックも毎日行い、1本のムダ毛も許さない気持ちでケアを行うようにしてください。

女性も眉毛、顔のうぶ毛、手や脚などのムダ毛処理を入念に行いましょう。
着る洋服によってはワキ毛の処理も丁寧に行うようにしてください。

指先は常に見られていると意識すること

常に見られているにもかかわらず、多くの人が意識し忘れているのが、指先です。
男性であれば指、女性であれば爪。

ここは清潔感はもちろん、健康的であるかどうかといった印象にも関わってくる重要な部位。

派手なネイルや仕事の邪魔になりそうなデコレーション、女性にとってはオシャレなのでしょうが、これらは仕事をする上では不要です。

おとなし目のカラーのマニキュアを選択し、爪も極端に伸ばさないようにしましょう。

男性は爪を短くカットし、できれば磨いておきたいところ。
また、ハンドクリームなどでみずみずしい指先を作っておくことも忘れてはいけません。

指や手は、常に何かに触れています。
注意していないとすぐに汚れる部位であり、それでいて、書類を提出する時、飲み物を出す

時など、相手の目に付きやすい部位でもあります。

スポンサーリンク