最高のメイクは笑顔など豊かな表情から始まる

笑顔がなければどんなメイクをしても意味がない

メイクを通じて相手にどのような印象を与えるかを考えるのは社会人として当然の事です。

しかしメイクなど目に見える部分も重要ですが、さらに重要な事は笑顔などの豊かな表情です。

仮に良いイメージを与えるメイクをプロに依頼したとしても、笑顔がないのであれば相手に与える印象は決して良くなりません。

家を出発する前に自分の表情をチェックしたり、笑顔を作るために顔の筋肉が緊張しないように、筋肉をほぐす習慣を持つようにしましょう。

笑顔のポイントは眉と口角なので、この部分を念入りにほぐすようにして自然な笑顔を作りましょう。

また頬を指の腹で10秒ほど押し上げて離すという動作を10回ほど繰り返す事でも表情を作る頬の筋肉をほぐすことができ、豊かな表情を作りやすくなるので、毎日鏡の前で試してみましょう。

女性だけでなく、これは男性も実践できることです。
一般的に表情が硬いのは男性と言われているので、表情筋のマッサージを男性も毎日してみるようにしましょう。

社会人にふさわしいメイクとは相手を不快にさせないメイク

誰でも個人的に好きなメイクがあります。

しかし社会人として最優先しなければいけないのは、相手の反応であり、相手に抱かせる印象です。

最もふさわしいメイクは「ナチュラルメイク」と言われているものです。

ナチュラルメイクに関してよく誤解されるのが、薄化粧がナチュラルメイクというイメージです。

厚化粧よりも薄化粧の方が相手への印象は良くなる傾向がありますが、それでも理想的なナチュラルメイクと薄化粧は別物です。

ビジネスにおけるナチュラルメイクを定義するなら「メイクはきちんとしているものの目立たない」という事です。

笑顔をより際立たせるようなメイクができれば、表情の豊かさが相手にも伝わり良い印象になるので、生き生きとした表情につながるメイクを目標にしましょう。

4つのメイクを特に意識することができます。
はっきりとした眉は意志の強さを伝える事になりますが、ナチュラルメイクではありません。

自然な雰囲気を出せるように眉頭をぼかすようにします。
全体的に薄く、中心部分を濃くし、直線的に描くなら柔らかな印象を残すことができます。

あまりにも色白である場合は体調の悪さを連想させるので、ファンデーションで健康的な肌の色を表現するようにします。

チークも同じように健康的なイメージを持ってもらうために自然な赤みを表現できるように使います。

口紅もやはり同様に健康的に見えるようなカラーを選び、さらにグロスで唇のハリやツヤを強調するのもナチュラルメイクの基本です。

ナチュラルメイクメイクをサポートするヘアファッション

ヘアスタイルやヘアカラーはメイクの一部と考えることができるので、やはりここでもナチュラルメイクを意識することができます。

相手が最初にヘアスタイルや髪の色に注目するようであれば、それはナチュラルメイクではないでしょう。

男性でも目が隠れていると印象が悪くなるため前髪の長さは目が隠れない程度、襟足もYシャツの襟が隠れない程度が理想的です。

色は黒がベストです。
清潔感のあるヘアスタイルや髭の状態を保つことを意識するようにしましょう。
これが男性にとってのナチュラルメイクです。

女性のヘアカラーについては男性よりは厳しくなく、茶色系のヘアカラーでも問題ありませんが、相手に良い印象が残せるのかを意識することが大切です。

特に髪の色は職種によって許されているレベルが異なっていますので、必ず上司や先輩の意見を聞くようにしましょう。

素敵な表情が隠れないような髪型にすることも大切な要素です。ヘアスタイルはあくまでナチュラルメイクの一環である、このようなイメージを持つと良いでしょう。

スポンサーリンク