体のにおいもビジネスマナーの一環

ビジネスシーンでは相手に与える印象によって新規の仕事をとれるのか、良い関係が築けるのかということも決まってきます。

自分ではあまり気が付かないものの、体臭は周りの人にかなりの影響を与えるものです。
相手に与える印象の中でもにおいは多くのウェイトを占めているものです。
嫌なにおいの印象というのはなかなか消すことができないので、ボディケアによるにおい対策は社会人にとって必須のものです。

最初に注意しなければいけない体のにおい

体臭がキツイ場合には商談にも大きな影響を与えることもあります。
また飲食店や医療施設など衛生面が関係している場所への営業の際に体臭がキツイという事は印象面で大きなマイナス要因になります。

私達はだれでも多かれ少なかれ体臭があるので、常に体臭対策を行っておく必要があります。どのように行なうことができるのでしょうか?出社後に体がにおってしまう原因の1つには寝ている時の寝汗があります。朝起きると分かりやすく汗をかいている場合であればシャワーを浴びるなどできますが、朝になると乾燥していると汗をかいたことに気が付かないこともあります。

それでも大量に汗はかいているため、朝出勤前にシャワーを浴びる習慣を持つこと、少なくとも濡れタオルで体を拭くようするなら、においをかなり抑えることができます。

不快感をあたえる体のにおいには香水の付けすぎも含まれます。
最近では男性の中にも香水をついている方もいるので、女性でも男性でも香水について注意しなければいけません。香水を付け始めると段々と匂いに慣れてきてしまい、自分ではにおいの強さを判断できなくなっていきます。

そのためほとんどにおいがしないと感じていたとしても、実は香水のにおいが強すぎるということもあります。逆に普段香水を付けていない方からすると、ほんの少しの香水のにおいすら嗅ぎ分けることができるため匂いの感じ方に大きなギャップができてしまいます。

香水は首など上半身につけてしまうと匂いが強くなるので、へそよりも低い位置にあるひざ裏や足首に付けると丁度良くなります。

取引先との商談をだめにしかねない足と靴のにおい

長いあいだ靴を履いているとどうしても足のにおいが気になってしまいます。
この足のにおいも残念ながら自分では気が付きにくいという特徴があるため、誰かに指摘されて初めて気付くというケースも多くあります。

足のにおいは取引先との会食などで靴を脱ぐ時に問題になります。緊張をすると手に汗をかくということがありますが、これは足でも同じでストレスを感じた時などには足はたくさんの汗をかいています。

その汗が原因となり雑菌が発生し、においの元になってしまいます。そのため、足のにおい対策としては毎日きちんと靴を乾燥させる事、においが染み付いてしまっている場合は、靴の中に新聞紙を数日間入れて天日干しにすることができます。

加えてこまめにアルコール配合のウェットティッシュなどで足を拭くことも良い方法です。いずれにしても自分の足が臭いという前提のもとにニオイ対策をするようにしましょう。

口臭対策も必須

自宅での仕事でない限り、ビジネス上だれかと接し会話をしなければなりません。
ですから口臭がきついという事は、ビジネス上かなり大きなマイナスポイントになります。口臭がキツイという記憶はなかなか取引先から拭い去ることはできないので、口臭対策をしっかりと行っておくことは大切です。

口臭対策として食事の後の歯磨きに加えて、夜寝る前には舌磨きも行なうようにしましょう。口臭の原因は歯だけではなく舌にもあるという事はすでに知られている事実です。

しかしある人は歯磨きも舌磨きもしているのに口臭が改善されないと感じる方もいます。これは胃の問題になりますので、人と商談などで会う時にはオーラルタブレットを使用して口臭対策を行なうことができるでしょう。爽やかな口臭であれば相手に対して爽やかな印象を残すことができます。

スポンサーリンク