靴とベルトで決まる!ビジネスマンの第一印象

「お洒落は足元から」という言葉がありますが、これはビジネスの世界でも十分に通用する考え方です。

スーツなどにこだわっているのであれば、靴やベルトなどのアイテムにもこだわっておきたいところ。

ここでは、そのようなアイテムの選び方からお手入れの仕方までを紹介していきます。

仕事ができる人は足元も完璧

まず、どれだけ足元に気を遣うべきかということからお話ししましょう。

仕事ができる人は、見た目を気にします。
これは当然のこと。

人は第一印象でその能力なども見極められることがあり、特にビジネスシーンではそうした機会が多いからです。

第一印象で能力の有無を判断する人の中には「足元に気を遣えていない人は、一緒に仕事をする価値がない」と断言する人もいるほど。

その人なりの根拠があるわけですが、このような判断の仕方を重視する人は決して少なくはありません。

裏を返せば、仕事ができる人は足元も完璧に整えられており、体の一部として捉え、最大限気を遣っているのです。

仕事ができる人であると思われるよう足元にも気を遣い、仕事ができる人に対して良い第一印象が与えられるように準備をしておきましょう。

男性も女性も色は黒がスマート

具体的にどのような靴を選択すれば良いのでしょうか。

マストカラーは黒です。
この色の靴は、男性も女性も必ず一足は備えておきましょう。

それに加えて濃い茶系の靴も持っておくと、スーツなどを変えた時にも合わせやすいですし、何かと使い勝手がいいです。

黒と比べると少し軽い印象を与えるので、場によって変えられるように準備しておくことをおすすめします。

男性の場合、ストレートチップがあるものだと、より足元のお洒落に気を遣っている印象を与えることができるでしょう。

モンクストラップタイプの靴は少し派手めな印象を与えるため、履く場は選ばなければいけませんが、持っておいて損はありません。

先の尖った靴やローファーは、間違ってもビジネスでは履かないこと。

女性は、つま先が過剰に見えないものを選択してください。

パンプスを選んでおけば問題ありません。

バックストラップタイプは男性のモンクストラップタイプと同様で、場によって履くのが適切ではないケースも出てきますが、カジュアルな場用に備えておいていいもいいでしょう。

日々のお手入れで完璧な足元を

靴は手に入れて終わりではありません。
必ず日々、ケアを行ってください。

履いたら、その日のうちに汚れを落としておくこと。
男性の場合には新聞紙を靴の中に入れ、風通しのいいところに置いておきましょう。

靴の形が崩れるほど新聞紙を詰めないよう要注意。
革靴は特にお手入れが重要になってきます。

できれば毎週末に専用のクリームを使用し布などで塗り込み、週明けの出勤に備えておきましょう。

それぞれの革や色にあったクリームがあり、布も靴磨き専用のものがあるので、それを選ぶようにしてください。

ちらりと見えるからこそ気を遣いたいベルト

男性のベルトは、幅が3cmから、広くても3.5cm程度のものを選びましょう。
極端に細かったり太かったりすると、ビジネススーツには合いません。

色は靴と同様で黒か濃い茶系を選ぶこと。
実際に使用する時は靴と色を合わせておくと、さらにお洒落度がアップします。

女性も、基本は男性と同じ。幅はもう少し狭い方がスマートに見えるでしょう。

色も靴と合わせたいところですが、女性の場合にはベルトに敢えて靴やアクセサリーとは違う色を持ってくるのもお洒落でありスマート。

もちろん、極端に派手であったりスーツなどと合わなければ問題となりますが、調和が取れていれば「仕事ができる女」に見せることができるでしょう。

スポンサーリンク