転職したけれど、毎日やりがいがない生活にうんざり

27歳の独身女性です。家庭の事情により、現職に転職し3年半経過しました。
前職がいわゆるブラック企業であり、終電間際まで昼食も取らずに仕事をしており、給与も高くやりがいは感じていたものの、家庭の事情をきっかけに業務内容的にも比較的ラクな店舗に異動させてもらうことになりました。

これが原因で、それからというもの、仕事は同じことの繰り返し、業務的に機械的にただただ同じ作業を繰り返す毎日に変わってしまったのです。

毎日のルーティンワークは思ったよりストレス

初めは、少ない単調な仕事の中にも目標をもって取り組もうと前向きに物事を考えていました。

しかし、異動前から予想でき、懸念していた心境に陥りました。やり甲斐もなく、毎日飽き飽きし、何処か上の空で仕事をこなしながら、時間を経つのをただただ待つ日々。

完全に物足りなさを感じるようになっていました。それは、入職後半年から思い始め徐々にその思いは強くなりました。
私は、27歳にして、このままここに居座って仕事をしていたら、停滞どころかどんどん衰退し、社会人としても、人間としても使えない、無能な人間になる気がしました。

そこで、対策として、仕事に置いてこれ以上の成長が出来ない環境ならばと、終業後に興味のある分野の勉強を始め、プライベートの充実を試みました。

しかし、私の生活の大半は仕事であり、いくらプライベートを充実させても満たされることはありませんでした。
人に相談すると、「楽ならそれに越したことはない、私なんて常にいかに楽をすることだけを考えて仕事をしている。ストレスのない職場なんてない」と言います。

家庭に入ってる女性ならば、子育てもあり、現職のような現状でも適当かもしれませんが、私にとって今は、働くことしかないのです。

年配の方に相談すると、今の若い子をすぐ仕事を辞める。根性がない。
自分たちの時代は自分の会社に一生奉公するのが当たり前だった。

「考えが甘い」と否定的な意見をお持ちの方もいらっしゃいます。
しかし、様々な環境や仕事ををすることで、経験も知識も新たに蓄積され学びもたくさんあるのではないでしょうか。

大先輩方の意見ももちろん間違ってはないと思いますが、時代は進化していますし、仕事をも時代とともに方法も選択肢も増え、その分可能性チャンスも増えています。

また、今の私はの会社内では長年勤めている転職経験のない上司は、現状でハードワークであると、思っていて、大した仕事なんてしていないのに威張って指図してきます。

会社内に目標となる存在、尊敬できる存在がいないのも問題の一つではないかと考えます。
人間関係は、決して悪くなく、殺伐として雰囲気もないため、贅沢な悩みなのかもしれませんが・・・。

転職とは、非常にリスクもあり、労力もいり、初めの頃は新たな環境にストレスフル状態になることは分かっています。

転職に失敗しないためにはじっくり探すこと

それでも人生は一度っきり。
自分の道は自分で作って行こうと、また新天地で生き生きと自分らしく働こうと決め、退職を申し出ました。

現在は退職の日取りまで決まり、今度は失敗を繰り返さないように、じっくりと転職先を探しているところです。

人間関係は入ってみないと結局わからないいので、事業内容や雰囲気インターネットを利用して情報収集をしています。

転職先サイトはたくさんありますが、自分たちの有利になるよう、誘導されたり、決断を急かされたりするような気がします。

ですので、現在のところは、じっくりと納得ができるように、時間はかかってもいいので自分のペースで転職活動をしています。

これから転職先をされる方へ。
人生の3分の1は仕事でできています。

仕事選び方次第で人生は大きく変わるはずです。
慎重に、それでいて時には勇気と決断力を持ってステップアップしたいきたいですね!

スポンサーリンク