転職するなら自分のやりたいことを一生懸命やるべき

私は、現在43歳です。
私は、高校卒業後に就職しました。その当時はまだ、バブルの後半だった為、求人も1人に4件の求人がありました。
その当時、若い事もあったのですが、やりたい仕事はなかったです。

結局、大手の工場に就職しました。
この面接は、落ちる前提で担任の先生に「落ちると重いけど、面接で何を聞かれたか教えてほしい。」
という内容で、面接に向かいました。

私は、見事に合格し、その会社で働く事になったのです。
仕事は3組3交代で、1周間で、交代するという体制でした。
私は、仕事の本当の意味がわかっていなかったので、生活を変える所から始めました。

それから、5年後、班長になったのですが、私に疑問に思うようになりました。
「自分が本当にやりたかった仕事なのか?この職場を辞めたら、今のスキルが他で役にたつのか?」

私は、いつも心のどこかで、その疑問について考えてました。
その時期から、職場でのパソコンが導入され、エクセルで資料なんかを作る事が増えました。

私は、単純にパソコンが好きで、このパソコンを使って、仕事が出来ないか?
と思うようになりました。

その時、たまたまテレビの特集で、IT業界が急成長して、人手が足りないというニュースを聞きましした。
私は中学の時、家庭のテレビに接続でMSXというパソコンを持っていました。

もちろん、ゲームが中心でしたが、ベーシックという言語でプログラムを作る事が出来ました・
私は、興味があったので、独学で勉強していました。
高校のお時のプログラムの授業では、10ばかりでした。

私は、どんどんプログラマーになりたいという気持ちが大きくなりました。
今の会社を辞めて、転職するのは勇気がいりましたが、思い切って、退職しました。
これから、プログラマーになる為に、独学で勉強をしました。第1目標は資格をとる事です。

派遣社員で、ラインで働きながら、パソコンスクールの12回コースに参加し、家でも毎日、勉強しました。
資格も撮れて、本格的に就職活動する為に、派遣会社を辞め、ハローワークに毎日行く日々を送りました。
何社か面接をうけましたが、このIT業界での転職は難しいという内容ばかりでした。

私は、人生をミスってしまったのかも?と思いながらも、面接をしました。
その面接に行った会社は不採用でしたが、たまたまあるシステム会社の社長が来ていて、一度、会社に遊びにこないか?
と誘われました。

私は、実践で仕事している人を見てみたかったので、遊びに行くようになりました。
私は、この会社に就職して、経験値を手に入れて行きたいと思いました。

私は、同じ年の人たちに比べて、スタートが遅かったので、2年間。
休み無しで経験値を入れる為に頑張りました。
そのうち、大手の鉄鋼所でのラインの自動化をどんどん進めているという事で、私も参加しました。

ここで、うまくいけば常駐という形で、仕事がドンドンもらえる状態した。
私は、この工場で沢山のシステムをやって来ました。
ある日、会社の社長と仕事の事で喧嘩になり、会社をやめる事にしました。

ここで、問題なのが、会社は辞めても、プロジェクトは進んで行くという事でした。
就職活動をする暇がなかったので、思い切って個人事業主となり、フリーランスのスタイルで、仕事を継続する事にしました。
給料は、直でもらえるので、収入が4倍くらいになり、驚きました。

私は、お金が増えることよりも、システムで以下に名前を残せるか!が目標でしたので、頑張りました。
その後、10年間、この大手のシステムを続けてやらしてもらえました。
それと、気がついたら、プログラマーでは無く、システムエンジニアとして仕事をしていました。

転職は、本当に人生を変えるイベントですが、動かなくて年をとった時に、あの時やっておけば良かった!みたいな情けない気持ちになる位なら、失敗しても後悔は少ないと思います。

今は、大手でも終身雇用なんて概念はきれいさっぱり消えている事を考えると、どんどん挑戦して経験値を手に入れた方が幸せだと思います。

スポンサーリンク