ビジネスの成功のカギを握る会話術とは

ビジネスの多くは1人では成立しません。会社に入社した人であればなおさら、誰かとコミュニケーションをとらなければ仕事として成り立たないはず。

そのコミュニケーションの中でも最も重要なのが、「会話」です。

世の中には会話の上手な人もいれば下手な人もいます。
成功を収めやすいのは、当然前者。
会話術を身につけ、ビジネスマンとしての成功を手に入れましょう。

重要なのは伝える相手と伝える内容

会話には必ず聞き手がおり、仕事においてはそれがビジネスパートナーとなります。
この伝える相手を意識することが、会話術を上げるための第一歩。

伝える相手の性格、思考、好み、求めるものなどを推測・把握し、それらを意識して話さなければいけません。聞き手が数名いる場合には、その中で決定権を持っていたり役職が最も高い人に向けて話すようにしてください。

伝える内容も重要です。
何を伝えたいのかを自分がわかっていなければ、相手には伝わるはずもありません。また、同じ内容でも、どのような言葉や文章を選択するのかで伝わり方が変わってきます。

時にキャッチーな用語を用いたり、話す内容の順番を変えたりなどして相手の気を引き、こちらの話に引き込ませるような工夫をしましょう。

話し方によって変わる伝わり方

内容や文章が同じ、使う言葉も順番も同じ、それでも「話し方」よって伝わり方が異なることがあります。

声は大きくても小さくてもいけません。
スピードも、速すぎても遅すぎてもダメ。

また、声色も変えられるようであれば意識的に変化を持たせ、耳に心地の良い声でしゃべることを心がけましょう。

話し方には、表情や身振り手振りも含まれます。
暗い顔や険しい顔で話していては、内容も暗く感じてしまうでしょう。

微動だにしないのも不自然ですが、身振り手振りが大きくなりすぎないようにも注意しなければいけません。

上手に話せるようになるための手順

まだまだ自分の会話術が上がっておらず、自然と優れた話し方ができない方は、上手に話すための予習を事前にしておきましょう。

話す相手を想像する

聞き手によって、話し方や使用する言葉を変えるようにしてください。

上でも少し説明しましたが、聞き手が変われば伝わり方も変わってきます。
当然、伝え方も変える必要があり、それを事前にイメージしておくことが重要です。

伝える内容や構成を練っておく

何を一番に伝えたいのか、そのポイントを絞り込んでおきましょう。相手にとってどのようなメリットがあるのかを伝えることも重要です。

また、どのような言葉を使えば最も伝わるのかを吟味し、大まかなプロットを用意しておいてください。

用意した構成を元に練習

例えば発表する歌が変われば、普通はその歌を発表会までに集中的に練習します。同じように、商談や打ち合わせ、あるいはプレゼンテーションの前には、事前に用意した話す内容や構成を、話す相手を想像しながら集中的に練習しておく必要があります。練習していく中で違和感が生じたら、適宜修正していくようにしましょう。

トレーニングによって身につく会話術

会話術は、トレーニングを重ねればいくらでも身につきます。要は、意識をすることです。

普段から会話術を上げることを意識して話してみましょう。
仕事関係者だけではなく、友人や家族、恋人などと話すときにも、新しく手に入れたボキャブラリーを使用してみたり、構成に変化を加えてみることで、会話術というのは身についていきます。

また、話すのが上手だと感じる人の真似をし、そのテクニックを取り入れるのも効果的。

こうしたことを続けていけば、いつの間にか高度な会話術が身についていくでしょう。

スポンサーリンク